JapanFenetre

Home/JapanFenetre

About JapanFenetre

This author has not yet filled in any details.
So far JapanFenetre has created 40 blog entries.

未来のインド産業を改革するためのオートメーションとロボット工学

テクノロジーへの情熱と世界的な競争力の必要性は、インドにおけるオートメーションの進歩の道を切り開いてきました。インドのIT業界団体であるNASSCOM(インドソフトウェア・サービス協会)によれば、インドが活用する最大の成長機会の1つとしてデータ科学と人工知能(AI)技術が浮上しています。詳細はこちらの原文(英語)を参照ください。

優れたインドの農業用機器市場

2016年~17年におけるインドの農産業及び関連部門の成長率は4.4%でした。インド気象局(IMD)が予測した通常のモンスーンにより、今年の成長率は昨年を上回ると見込まれています。2022年までに農場経営者の所得を倍増させるという目的のため、政府は農業の機械化を集中的に促進し、そのことがインドを世界で最も成長の速い農業機器市場の1つにすることにつながりました。詳細はこちらの原文(英語)を参照ください。

インドのプリンター業界

ABC協会(Audit Bureau of Circulations)によるとインドの印刷媒体は過去10年間で61%増加しています。インドの2017年の広告市場の約1兆円のうち、紙媒体が約3割を占めています。プリンター市場(HCP:Hardcopy Peripheral)では、インク式へのシフトが起こっています。詳細はこちらの原文(英語)を参照ください。

インド市場参入戦略セミナー【5/28福岡、29神戸】レポート

2018年5月28日(月)に福岡の電気ビル共創館、5月29日(火)にアリストンホテル神戸バルセロナホールにてセミナー「インド市場への参入戦略と実践」を開催致しました。福岡セミナーでは60名近くの方、神戸セミナーで約80名の方に参加頂きました。

インド進出セミナー 5/29(火) 神戸【締切】

国連の発表によるとインドは2022年に中国を抜き世界最大の人口を抱える国となり、2050年には約17億人に達すると予測されています。2016年の経済成長率も7.1%と中国の6.7%を2年連続で上回りました。アジア開発銀行の予想では2017年の成長率は7.4%と予測されており、今後10年間は有望な市場になると考えられています。

インド進出セミナー 5/28(月) 福岡【締切】

国連の発表によるとインドは2022年に中国を抜き世界最大の人口を抱える国となり、2050年には約17億人に達すると予測されています。2016年の経済成長率も7.1%と中国の6.7%を2年連続で上回りました。アジア開発銀行の予想では2017年の成長率は7.4%と予測されており、今後10年間は有望な市場になると考えられています。

インドの工業用繊維製品市場

繊維市場はインドの産業の中核であり、現在約11兆円の市場規模が2021年には約23兆円にまで成長すると予測されています。その中でも近年成長が著しいのは工業用繊維製品の領域で、用途は自動車、医療、パッケージ向け等と幅広く、更なる成長が見込まれています。詳細はこちらの原文(英語)を参照ください。

インドの水事情と廃水処理ニーズ

インドのWaterAidの調査では、6340万人が清潔な水を利用することができないと報告されています。但し、これは全人口の比率からすれば数パーセントで、過去数年間で大きな改善が見られます。しかし、今度は廃水処理が問題になってきています。7割の排水が何の処理もされずにそのまま排出されているのです。詳細はこちらの原文(英語)を参照ください。

セミナー「インドでのビジネスモデル設計」のご案内

この度、私共のパートナーであるフェネトル・パートナーズ主催で、弊社の協力のもと、セミナー「インドでのビジネスモデル設計」を開催することとなりました。インドの日系企業数は1369社(出展:2017年10月ジェトロ等)となり、過去10年で5倍以上に増えました。また、国際協力銀行の調査によると、インドは日本製造業の進出先としての有望国ランキングで2014年より3年連続で1位となっています。今後もこの傾向は続き、インド市場へ参入する日本企業は増加すると思います。

IoTにより進化するインドの医療業界

経済成長と共に医療へのニーズは高まり、2011年には約8兆円だったインドの医療費は2020年には30兆円を超えると予測されています。近年ではそのニーズに応えるために医療の近代化が進み、電子カルテ、健康管理のアプリケーション、遠隔医療等の領域での新規参入相次いでいます。詳細はこちらの原文(英語)を参照ください。