当社について

Home/当社について

ご紹介

Maier+Vidornoは机上の空論ではなく、実務を通じた経験に基づく実践的なアドバイスと、実行支援のサービスを提供しています。

M+V Japanは、フェネトル・パートナーズ株式会社によって運営されています。フェネトル・パートナーズは、市場参入の専門コンサルティング会社であり、調査や参入戦略の立案だけでなく、マーケティング・営業の実行までをアウトソーシングで引受けるユニークなビジネスモデルをもつ企業です。

今日、当社は管理業務向けのソリューションの提供に大きな強みを持ち、実践的なコンサルティングでよく知られています。どのようにしてここへ辿り着いたのでしょうか?

Maier+Vidorno Groupは、以下のパートナーシップと登記された法人によりグローバルに展開しています。。

Go to examples of the solutions we have provided for clients

READ CASE STUDIES
READ CASE STUDIES

 

Read details of our flexible business solutions

GO TO SERVICES
GO TO SERVICES

M+V 創業者

クラウス ・ マイヤー (KLAUS MAIER)
クラウス ・ マイヤー (KLAUS MAIER)セールスおよびマーケティング担当
クラウス ・ マイヤーは、インドにあるヨーロッパおよびアメリカ企業向けの市場参入、市場拡大、継続的な業績改善に関するエキスパートです。スペインとドイツで国際経営に関する研究経験があり、またニューヨークとドイツでSTINNES/EON Group of Companiesの貿易部門に勤務しました。M+Vグループの会長兼マネージングディレクターとしてニューデリーをベースに、過去20年間に渡りインドでビジネスを行っています。
フランチェスコ ・ モトカ (FRANCESCO MOTKA)
フランチェスコ ・ モトカ (FRANCESCO MOTKA)物流および経営管理担当
フランチェスコ ・ モトカは、国際物流業界で30年に渡り培った国際貿易に関する豊かな経験を持っています。イタリア、ドイツ、中東、インド、東ヨーロッパおよびスイスでの勤務経験があり、RhenusとSchenker(どちらもStinnesグループ)、Agility Logisticsにおいてシニア・バイスプレジデントをはじめ、様々な役職を経験してきました。彼の専門領域は物流、事業戦略、マネジメントです。