Eコマースによるインド市場進出

代理店頼みにしないインドでのオンラインビジネスの始め方

E-commerce in India

インドのEコマース市場は世界で最も急成長をしていて、2021年には7兆円近い規模になると予測されています。そして海外からインドに参入する企業にとって、Eコマースを活用することで参入障壁を回避し、よりインドの消費者のことを直接的に理解し、短時間で市場へ浸透することが可能となります。

しかしながら、海外から参入する企業にとってEコマースに参加する上での制限が存在しています。例えば外資系企業がB2CのEコマースを行う上で、ある一定の現地製品の調達率が要求されます。

M+Vは海外からEコマースでインド市場へ参入する企業に対して、現実的なソリューションをワンストップで提供します。このサービスを利用することにより、貴社は現地でのビジネスの透明性を担保することが可能になります。

M+Vが提供するEコマースサポートの特徴

  • インドの主要ECサイト(アマゾン、スナップディール、フリップカート等)へ貴社製品の登録
  • 貴社の現地インポーターとなり、製品の許認可、輸入手続き、請求と回収等のロジスティクス業務を全て担当
  • オンラインの広告やプロモーションの企画・実行・管理
  • 貴社に要望に沿ったフォームでの営業実績とパフォーマンスの報告
  • サービスプロバイダーとしての契約のため、価格設定から広告の内容まで、全て貴社のコントロール下での業務運営

M+Vが提供するEコマースサポートの特徴

M+Vはインドへの製品輸入やロジスティクスについて約20年の経験があります。Eコマースでの経験はまだ少ないですが、この分野での様々な問題を解決してきた経験が、インド市場で貴社がEコマースを行う上で役に立ちます。当サービスでは、貴社がインドでEコマースを行う上で必要な全ての機能を、M+Vが全て代行し、貴社のコントロール下で透明性をもって業務を遂行するため、貴社はインド市場の実態や消費者の反応をダイレクトに体感することができます。

より詳細の情報は弊社のスタッフへお問合せください。