サプライチェーン

インドでのサプライチェーン関連業務の代行

サプライチェーンの実務を弊社の専門チームが代行することで、煩わしいトラブルシューティング等から貴社コアスタッフを開放します。

インドでの成功条件 – 煩雑なバックオフィス業務を外注

厄介なインド市場で成功するためには、煩雑なバックオフィス業務を外注することが必須です。特に市場参入の初期段階では単なるコスト削減だけでなく、貴社のコア社員が本業である営業・サービスに集中できることが最大の利点です。弊社クライアントの中には、10年以上バックオフィス業務を弊社に外注し続けているケースもあります。

M+Vのバックオフィス業務代行メニュー

サプライチェーンの業務代行サービスは、会計・給与・税務によるコアモジュールに付加する形で提供されます。実際にインドへの製品輸入が始まるタイミングでの契約で構いません。

サプライチェーン業務の範囲は、貴社のインド支社が製品をインドへ輸入してインドの顧客へ納品する上で必要な業務全てをカバーし、具体的には通関関連業務、保管と在庫管理、受発注、国内輸送とGST対応、ERP上の処理等です。貴社の事業の成長に応じて業務範囲の拡張も可能です。

Outsource Back-office in India

より詳細の業務範囲はこちらの業務範囲一覧(英語)を参照ください。

M+Vが提供するサプライチェーン業務代行サービスの特徴

M+Vは先進国の求めるレベルをよく知っています。通関、受発注、在庫管理、輸送等の業務をただ代行するだけでなく、マネジメントに必要な情報や助言を提供することで、リーダーがインド国外にいるケースでもきちんとインドの事業を運営することが可能になります。

我々の提供するサービスのレベルを日本企業1社がインド市場への参入初期段階で単独で実現しようとした場合、非常に割高なコストを支払わなくてはなりません。弊社が用意するバックオフィス業務のプラットフォームを数百の海外企業が共有しているため、弊社のクライアントはスケールメリットを享受することが可能です。

より詳細の情報は弊社のスタッフへお問合せください。