イベント・ニュース

Home/イベント・ニュース

インドビジネスセミナー・レポート【2/25京都、26大阪】

 セミナー「インドにおける自社の競争優位性の理解と活用 」が2月に京都と大阪で開催されました。今回のセミナーは、西日本におけるインドの窓口である在大阪・神戸インド総領事館と、海外からインドへの投資を支援する政府機関であるInvest Indiaが主催、JETRO 京都と大阪商工会議所がMaier+Vidornoと共に共催しました。  セミナーは京都に80名、大阪に70名の計150名の参加者が集まり、特に機械・電子・貿易・卸売の業界からの参加が際立っていました。参加企業の55%以上は未だインドに参入しておらず、情報を探している段階でした。しかしながら、インドで既に事業を行っている企業の割合は、前回開催されたセミナーの参加者と比較して増加していることが分かりました。それと同時に、これらの企業がインド国内で始めた事業において様々な問題に直面していることも判明しました。  セミナーでは、専門家によるインドとの貿易の概要、ネットワーキングの機会、また、要望に応じて企業との一対一のミーティングが行われました。様々な問題がある中で、インドでビジネスを行う日本企業が直面する最も一般的な課題の1つは、日本企業にとってインドの実際の市場環境を明確にすることでした。このトピックは、JETROの「日系企業の動向や日本企業向け工業団地の紹介」というテーマでプレゼンテーションも行われ、当然のことながら、多くの参加者の皆様がこのトピックに関心を持たれました。また、参加者との交流から、日本企業はインドの市場環境を理解する上でより専門的な情報とガイダンスを求めており、特に、インド国内に既存の日本企業の経験から学ぶことに関心があることが分かりました。  参加者との一対一のミーティングでは、インドでビジネスを行うことの複雑さが最も議論されている問題であることがわかりました。また、これらの個人的な懸念は、一対一のミーティングで最もよく対処されました。M + Vのインドの専門家は、インドでビジネスを行っている外資系企業の実際のビジネスケースから学ぶことに焦点を当てたワークショップ、またはセミナーをいくつか開催しております。インドでビジネスを確立し、成長させていくためのヒントを得るために是非、ご連絡下さい。  M + Vのスピーカーは、今回のセミナーでインドでビジネスを行う上での課題に深く切り込んでいきました。クラナ氏は、「正しいインド市場参入戦略は、インド市場への参入を目指す外資系企業の成功の鍵となる」と述べ、パラシャー氏は、「人的資源はどの企業にとっても成功の鍵となる」と述べられました。パラシャー氏のプレゼンテーションはインドでの人的資源の利用可能性と、それを最大限に活用した業績の効率を最大化する方法に焦点を当てていました。  参加者の多くが直面しているもう一つの大きな課題として、取引と複雑な課税制度がありました。M + Vは、主に日本、ヨーロッパ、そしてアメリカからの数百の外国企業の輸入・輸出、および会計・税務、また、その他の管理上および運営上のサポートを取り扱っています。また、私たちのチームは、外国のシステムを統合してインドで働くことに豊富な経験を持っています。  M + Vは、インドで事業を行う、またはインドで事業を始めようとしている段階で市場拡大計画における問題に直面している外国企業を支援し、引き続きJETRO、Invest India、そして在大阪・神戸インド総領事館と連携しながら、インドのチャンスを最大限に活用したいと考えている日本企業様に、専門家によるハイクオリティーなアドバイスとサポートを提供致します。

April 29th, 2019|

インド共和国記念日のレセプションに参加しました

 2019年1月27日(日)にインド大使館主催で第70回インドの共和国記念日のレセプションが ホテルオークラで開催され、弊社の長谷川が参加致しました。  内閣副官房長官西村氏がオープニングスピーチを担当し、続いて2019年1月より着任されたヴァルマ大使がご挨拶をされました。 お二人とも、日本とインドの友好的且つ戦略的なパートナーシップとその展望について焦点をあてお話しになられました。  会場には300人以上の方が参加され、民族音楽のライブも開催され、大盛況でした。 私共M+Vも、日本とインドのビジネスの懸け橋として両国の経済的発展に貢献して参りたいと存じます。

January 30th, 2019|

インド進出セミナー2/25(月)京都【申込締切】

現在、多くの日本企業が積極的に次の投資先となる市場を模索しています。地理的、心理的に近しい東南アジア諸国をターゲットとする日本企業も多いですが、市場のサイズと経済成長の視点から、大きなインパクトは期待できないというのが実情です。

January 18th, 2019|

インド産業に新たな局面を加える3Dプリンティング

ここ数年、3Dプリンティング技術は世界的に市場の注目を集めており、それはインドにおいても同様です。マーケット&マーケット社の調査によれば、3Dプリンティングの世界市場は2017年~2023年までの間に25.76%の年間成長率で成長し、2023年までには327.8億ドルに達すると予測されています。また、グローバル・マーケット・インサイト社の調査によれば、自動車分野における製造業の大幅な成長と急速な技術の進歩により、アジア太平洋地域の3Dプリンティングの材料及び機器市場は今後、数年間で高い成長を遂げると予想されています。特にインドでは、患者数の増加と高度な医療サービスの必要性の高まりにより、医療分野における3Dプリンティングが高い関心を集めています。詳細はこちらの原文(英語)を参照ください。

January 8th, 2019|

未来のインド産業を改革するためのオートメーションとロボット工学

テクノロジーへの情熱と世界的な競争力の必要性は、インドにおけるオートメーションの進歩の道を切り開いてきました。インドのIT業界団体であるNASSCOM(インドソフトウェア・サービス協会)によれば、インドが活用する最大の成長機会の1つとしてデータ科学と人工知能(AI)技術が浮上しています。詳細はこちらの原文(英語)を参照ください。

November 28th, 2018|

優れたインドの農業用機器市場

2016年~17年におけるインドの農産業及び関連部門の成長率は4.4%でした。インド気象局(IMD)が予測した通常のモンスーンにより、今年の成長率は昨年を上回ると見込まれています。2022年までに農場経営者の所得を倍増させるという目的のため、政府は農業の機械化を集中的に促進し、そのことがインドを世界で最も成長の速い農業機器市場の1つにすることにつながりました。詳細はこちらの原文(英語)を参照ください。

October 31st, 2018|

インドのプリンター業界

ABC協会(Audit Bureau of Circulations)によるとインドの印刷媒体は過去10年間で61%増加しています。インドの2017年の広告市場の約1兆円のうち、紙媒体が約3割を占めています。プリンター市場(HCP:Hardcopy Peripheral)では、インク式へのシフトが起こっています。詳細はこちらの原文(英語)を参照ください。

July 30th, 2018|

インド市場参入戦略セミナー【5/28福岡、29神戸】レポート

2018年5月28日(月)に福岡の電気ビル共創館、5月29日(火)にアリストンホテル神戸バルセロナホールにてセミナー「インド市場への参入戦略と実践」を開催致しました。福岡セミナーでは60名近くの方、神戸セミナーで約80名の方に参加頂きました。

June 21st, 2018|

インド進出セミナー 5/28(月) 福岡【締切】

国連の発表によるとインドは2022年に中国を抜き世界最大の人口を抱える国となり、2050年には約17億人に達すると予測されています。2016年の経済成長率も7.1%と中国の6.7%を2年連続で上回りました。アジア開発銀行の予想では2017年の成長率は7.4%と予測されており、今後10年間は有望な市場になると考えられています。

April 23rd, 2018|

インドの工業用繊維製品市場

繊維市場はインドの産業の中核であり、現在約11兆円の市場規模が2021年には約23兆円にまで成長すると予測されています。その中でも近年成長が著しいのは工業用繊維製品の領域で、用途は自動車、医療、パッケージ向け等と幅広く、更なる成長が見込まれています。詳細はこちらの原文(英語)を参照ください。

April 15th, 2018|

インドの水事情と廃水処理ニーズ

インドのWaterAidの調査では、6340万人が清潔な水を利用することができないと報告されています。但し、これは全人口の比率からすれば数パーセントで、過去数年間で大きな改善が見られます。しかし、今度は廃水処理が問題になってきています。7割の排水が何の処理もされずにそのまま排出されているのです。詳細はこちらの原文(英語)を参照ください。

February 28th, 2018|

セミナー「インドでのビジネスモデル設計」のご案内

この度、私共のパートナーであるフェネトル・パートナーズ主催で、弊社の協力のもと、セミナー「インドでのビジネスモデル設計」を開催することとなりました。インドの日系企業数は1369社(出展:2017年10月ジェトロ等)となり、過去10年で5倍以上に増えました。また、国際協力銀行の調査によると、インドは日本製造業の進出先としての有望国ランキングで2014年より3年連続で1位となっています。今後もこの傾向は続き、インド市場へ参入する日本企業は増加すると思います。

February 20th, 2018|

IoTにより進化するインドの医療業界

経済成長と共に医療へのニーズは高まり、2011年には約8兆円だったインドの医療費は2020年には30兆円を超えると予測されています。近年ではそのニーズに応えるために医療の近代化が進み、電子カルテ、健康管理のアプリケーション、遠隔医療等の領域での新規参入相次いでいます。詳細はこちらの原文(英語)を参照ください。

February 20th, 2018|

インドの農業 – 海外からの直接投資が成長を後押し

インドでは、畜産や漁業を含めた農業がGDPに占める比率は17%で、年4.1%で成長しています。個人消費や収入の増加が成長を牽引していますが、海外からの直接投資が成長の後押しをしています。2013年に農業分野での100%外国資本での参入が許可されたことが大きな要因です。詳細はこちらの原文(英語)を参照ください。

November 16th, 2017|

インド進出セミナー 11月27日(月) 大阪【満員御礼】

国連の発表によるとインドは2022年に中国を抜き世界最大の人口を抱える国となり、2050年には約17億人に達すると予測されています。2016年の経済成長率も7.1%と中国の6.7%を2年連続で上回りました。アジア開発銀行の予想では2017年の成長率は7.4%と予測されており、今後10年間は有望な市場になると考えられています。

October 17th, 2017|

インド進出セミナー 11月29日(水) 東京【満員御礼】

国連の発表によるとインドは2022年に中国を抜き世界最大の人口を抱える国となり、2050年には約17億人に達すると予測されています。2016年の経済成長率も7.1%と中国の6.7%を2年連続で上回りました。アジア開発銀行の予想では2017年の成長率は7.4%と予測されており、今後10年間は有望な市場になると考えられています。

October 17th, 2017|

インドのオートメーション市場 – From Smart Factories to Smart Homes

インドでは、インダストリー4.0と呼ばれる工業の近代化が加速しておりますが、実はそれと同時にスマートホームの領域、例えば省エネやセキュリティ等の市場が拡大し、2022年には約5000億円規模になると予測されています。詳細はこちらの原文(英語)を参照ください。

October 17th, 2017|

インド進出セミナー 5月24日(水)インド大使館【終了】

 中国経済がスローダウンし、沿岸部の人件費も高騰する中、多くの日本企業が次なるターゲット市場を模索している段階のようです。地理的、心理的に近しい東南アジア諸国をターゲットとする企業も多いようですが、市場のサイズという視点では中国ほどのインパクトは期待できないというのが実情です。  そこで今注目を集めている市場がインドです。国連の発表によるとインドは2022年に中国を抜き世界最大の人口を抱える国となり、2050年には約17億人に達すると予測されています。2016年の経済成長率も7.1%と中国の6.7%を2年連続で上回りました。アジア開発銀行の予想では2017年の成長率は7.4%と予測されており、今後10年間は有望な市場になると考えられています。

April 25th, 2017|

リサイクル・パッケージ インドの新しいトレンド

飲料や日用品等の需要の伸びによってインドのパッケージ市場は成長してきました。2015年に3500億円ほどの市場規模で、成長率は約15%を維持し、インドにおける最も成長している産業の一つです。ポリエチレンテレフタラート(PET)はその中でも最も多く使用されるプラスティック素材で、飲料水のボトル用途では年間約30%成長しています。詳細はこちらの原文(英語)を参照ください。

April 4th, 2017|

インド進出 人事・組織戦略セミナー(3/2)を開催致しました

2017年3月2日(木)有楽町の国際フォーラムにてフェネトル・パートナーズ主催、弊社後援で、インド市場 人事・組織戦略セミナーを開催致しました。あいにくの雨で当日キャンセルが多く、11名の方にご参加頂きましたが、大半の方は既にインドでビジネスを展開中ということで、インドにおける日本企業の人事運営の実情を逆に教えて頂きました。

March 7th, 2017|

インドのクリーンエネルギー市場

インド政府はクリーンエネルギーの活用を推進していて、年間の成長率は15%となっています。2027年にはインド国内の電力の57%を新エネルギーで供給する方針です。2016年末時点で代替エネルギーによる発電量は50ギガワットで、国内の総電力の15%を支えています。The US-India Clean Energy Finance (USICEF)等の様々なファンドによるサポートも始まっています。詳細はこちらの原文(英語)を参照ください。

February 16th, 2017|

「インド進出 人事・組織戦略セミナー」のご案内 – 3/2締切

この度、私共のパートナーであるフェネトル・パートナーズ主催で、弊社の協力のもと、「インド進出 人事・組織戦略セミナー」開催することとなりました。インドの日系企業数は1305社(出展:2016年10月在インド日本国大使館)となり、過去10年で5倍ほどに増え、今後も増加すると予測されています。しかし、インド市場には多くの参入障壁があり、その中でも文化的な違いが顕著に出てしまう人事・組織運営の領域では、多くの参入企業(日本だけでなく欧米からも)が深刻な問題に直面します。給与、昇給、離職率、労働問題等、前提となる常識が異なるため一筋縄ではいきません。当セミナーでは、グローバル戦略と人事・組織戦略の関係、文化的な違いが及ぼす影響、インドにおける採用・評価・報酬等の一般的な制度設計・運用、そしてよく起こる問題とソリューションにについて解説します。皆さまのご参加をお待ちしております。

February 7th, 2017|

成長するインドの自動車業界

インドの自動車業界の規模は約10兆円で、GDPの7%を占めています。インドは「The Automobile Mission Plan 2016 – 2026」で、約3倍の市場規模、世界で第三位の自動車産業を目指すとしています。そして、業界として安全性と環境性能の向上に取り組み始め、今年から衝突試験を義務付ける制度と、Euro4 相当の環境基準の適用がスタートしました。詳細はこちらの原文(英語)を参照ください。

February 1st, 2017|

インド – 次世代のエレクトロニクス製造のハブ

インドのエレクトロニクス市場は世界最大級で、2020年には40兆円を超えると予想されています。「Make in India」や「Digital India」という政府のキャンペーンの効果もあり、2016年の直接投資額は史上最高の約2兆円でした。そして2016年の12月に行われた「Pre- Budget Consultative Meeting」にて、サプライチェーンや税制に関する障壁を取り除こうという多くの提案がなされました。詳細はこちらの原文(英語)を参照ください。

January 26th, 2017|